マネジメントチーム

代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)

李仙寿はレネソーラの創設者であり、2005年3月以来同社の代表取締役社長兼最高経営責任者に就任。2005年同社の太陽光発電事業を設立前、李は玉環太陽エネルギー源有限公司を設立、商業および住宅アプリケーションのために太陽電池とモジュール製品を生産、創業以来、同社の社長を務めた。李は2002~2006年間ミニ太陽光発電パネルと太陽電池モジュールを生産する玉環県太陽エネルギー有限公司の統括マネージャーも務めた。その前、彼は1997~2000年間浙江省玉環県文化局で役人に就いた。李は1991年に浙江工業大学からインダストリアルエンジニアリング&マネジメントの学士号を取得。


最高財務責任者(CFO)

ダニエル•K•リーは2014年5月5日以来レネソーラの最高財務責任者(CFO)に就任。同社に入社前、2011年12月~2014年3月の間NASDAQ上場会社、中国情報技術株式会社の最高財務責任者を務めた。その前、彼は2010年5月以来、パインキャピタル、LLCの上級投資顧問を担当。以前、彼は2009年11月~2010年5月の間Nutrastarインターナショナル株式会社(OTCBB NUIN)の最高財務責任者を務めた。2007年12月~2009年11月の間、は、リーは中国企業に向ける金融•企業コンサルティング会社、CVCグループの業務執行社員に就任。彼のキャリアにおける最初、リーは2006年8月~2007年11月の間、投資銀行のロス•キャピタル•パートナーズで上級中国株アナリストに就いた。リーは1999~2006年間、コンサルティング会社のSCAインターナショナルとZ&Aで国際戦略コンサルタントと上級金融アナリストを担当。以前、彼は1997~1999年間、Punk, Ziegel & Co.で株式調査アナリストを、その前、1993~1997年間Morgan Stanley & Co.で資本市場アナリストを務めた。リーは、公認証券アナリストおよび公認会計士である。彼はニューヨーク市立大学バルーク校のジクリン・ビジネススクールから会計の修士号を取得、ペンシルベニア大学のウォートン•スクールから財務・多国籍経営を専攻とする経済の学士号を取得。